イオン導入は大人ニキビに効果ある?

MENU

イオン導入は大人ニキビに効果ある?

イオン導入によるニキビケアとはどのようなものなのでしょうか。

 

イオン導入とは、微弱な電流を流して有効成分を肌の奥にまで浸透させる美容方法です。

 

肌の表面の角質層には外部の刺激から肌の奥の真皮層を守るバリア機能があるため、美容成分をただ塗っただけでは、角質層までしか届きません。

 

イオン導入では、有効成分を水に溶かしマイナスイオン化して肌に塗り、マイナスの電極をあてると、マイナスの力同士で反発して、成分が肌の奥にまで入っていきます。

 

ただ肌に塗るだけの場合に比べて、10倍から100倍以上の浸透力があるといわれています。

 

かつてはエステや美容外科だけで行われてましたが、今は家庭用の導入器も販売されています。

イオン導入に使われる有効成分は?

有効成分はビタミンC誘導体が最もよく用いられます。

 

ビタミンCは抗酸化作用で、肌の老化やニキビ跡の元になる活性酸素を取り除いたり、真皮層のコラーゲンの増殖を促進したり、皮脂腺の働きを抑制する作用があり、

 

ニキビやニキビ跡のほか、シミや小じわにも効果を発揮します。

 

ニキビケアには他にプラセンタも使われます。

 

活性酸素を取り除いてニキビの炎症を防いだり、

 

血液の循環をよくして皮膚の新陳代謝を高めたり保湿作用で皮膚の水分量を保ち、肌の角質化を防ぐ作用があります。

 

肌に塗る有効成分入りの美容液は、防腐剤や香料など余計なものが入っていますと、それも浸透してしまいますから、浸透させたい成分のみが配合されたものを選ぶ必要があります。

 

メーカーの推奨品や、イオン導入可をうたっている製品を使えば間違いないでしょう。

 

痛みはないですが、ぴりぴりすることがあるようです。

 

苦手な人は電気を弱くしてもらうなど調節はできます。

 

ちなみに、プラスの電極を使って肌の汚れを取り除くことをイオン導出といいます。

 

導出をしてから有効成分を導入すると、より効果的です。


大人ニキビ化粧水ランキング | イオン導入は大人ニキビに効果ある?



▲イオン導入は大人ニキビに効果ある? 上へ戻る