毛穴よりも粒子が細かいクレンジングを使う

MENU

毛穴よりも粒子が細かいクレンジングを使う

逆にオイル自体が落としきれなくて、毛穴に残ってニキビ菌の餌になってしまうこともあるようです。

 

クレンジングオイルを選ぶときは、界面活性剤を含まない製品もあるのでさがしてみてください。

 

毛穴の炎症が起きることが主に赤ニキビで痛みも伴いますし、見た目にも影響が出やすいですよね。

 

毛穴の中の汚れを取るのを優先とした毛穴よりも細かい粒子の界面活性剤が使用されたクレンジングを使用していくと粒子が細かいです。

 

やはり粒子が大きいと乾燥ニキビが大人になって出来やすいというのは、肌の水分量と関係していて水分量が少ないと逆にできやすくなるので、クレンジングや洗顔料を含めて肌の脂分を落としすぎると肌が乾燥しすぎてしまいニキビが出来やすくなりますし、肌表面のみのメイクの汚れや皮脂をとってしまいやすいので、毛穴の綺麗さとのバランスが悪くなりやすい傾向もあるようです。

 

ですので、肌でも表面を傷つけないのでストレスなくメイクを落としていけます。

 

洗顔後も角栓や黒ずみが溜まらないようにしましょう

また洗顔も同じなんですよね。

 

角栓や黒ずみがたまってしまうと、一回の洗顔などでも落としにくいので入念なケアが必要になってきます。

 

ですので毛穴よりも細かい粒子で吸着力のあるクレイ(泥)成分を使用したクレンジングや洗顔料を使用して黒ニキビとも呼ばれている黒ずみができている人は解消していくとよいでしょう。

 

洗浄力が強いほうがやっぱり落ちが良いので使っている時は使用感もいい感じになりやすいですが、一般的にも洗浄力が、マイルドな界面活性剤でも油汚れをしっかり浮かせることができるので、あとは丁寧なメイク落としを心がけるということで肌の状態をより良い状態に保つことができます。

 

ふき取りタイプは、肌をこすって刺激になるので、ニキビがひどい時にはおすすめできません。

 

大人ニキビのある肌には、ミルクタイプやクリームタイプが、粒子が細かいので肌に優しくてよいといわれています。

 

ただ、メイクを落とす力はやや弱いので、ポイントメイクはリムーバーを使って先に落としておいたほうがよいでしょう。

 

クレンジングを使うときはメイクにきちんとなじませてから、しかし必要以上にこすったりせず、しっかりすすいで落とすように心がけてください。

 

毛穴の奥の汚れを落とそうと一生懸命やりすぎたり、ついでにマッサージをしようと考えてこすりすぎる方もいらっしゃるようです。

 

結局タイプの違いもありますが、製品の質そのものと、正しい使い方が重要なようです。


大人ニキビ化粧水ランキング | 毛穴よりも粒子が細かいクレンジングを使う



▲毛穴よりも粒子が細かいクレンジングを使う 上へ戻る