ニキビがある時は毛穴に優しいクレンジングを使うと良い?

MENU

ニキビがある時は毛穴に優しいクレンジングを使うと良い?

クレンジングは、メイクに使った化粧品を落とす役割がありますが、オイルや界面活性剤を使います。

 

メイク用の化粧品は油性が多いですから、油を使うと落としやすいのです。

 

界面活性剤は、水分と油分を混ぜて落としやすくします。

 

大人のニキビ肌に使うクレンジング料は一般的に、オイルカットのものを選ぶのがよいといわれています。

 

メイク汚れを含めて肌に必要な皮脂を取りすぎると肌が急速に乾燥してしまうので、毛穴が開いてより皮脂が多く分泌しやすくなったり、皮脂量がもともと少ない場合には、代謝が落ちて水分量がなくなりよりエイジングサインが目立ちやすくなります。

 

クレンジングでも界面活性剤の量が多かったり、強い脱脂力が使われている場合には、肌の表面がより乾燥しやすくなるので、注意が必要です。

 

よくないという声をきくのがクレンジングオイルです。

 

しかし、オイルには植物性オイルが使用されていて、界面活性剤が使用されていない場合には、肌や毛穴に優しいですが、オイルで根詰まりしたりすることも個人差によってあるので好き嫌いが分かれるところです。

 

 

毛穴に優しいクレンジングで古い角質を落としましょう

肌表面上の汚れだけをとると代謝が悪くなるので、古い角質が落ちにくくなり、くすみに繋がりやすいですし、肌の角質が厚くなっていくということもあるでしょう。

 

脱脂力が強いクレンジングを使用すると肌の代謝も下がってしまうので、保湿を兼ねたスキンケアの成分が浸透しにくくなってしまいます。

 

また水分量が低下すると肌のバリア機能が低下しやすくなるので、敏感肌にもつながりやすいんですよね。

 

石油系界面活性剤配合のクレンジングオイルはメイクを落とす力が強くて人気ですが、必要な皮脂まで落としてしまい、乾燥しやすくなります。

 

肌が乾燥すると、なくなった皮脂を補おうと過剰に皮脂を分泌させてしまい、そのうえ乾燥でバリア機能が衰えていますから、それがニキビの原因につながります。

 

そのため毛穴に負担をかけないタイプの毛穴に優しいクレンジングを使用していきましょう。


大人ニキビ化粧水ランキング | ニキビがある時は毛穴に優しいクレンジングを使うと良い?



▲ニキビがある時は毛穴に優しいクレンジングを使うと良い? 上へ戻る