生理前に大人ニキビが出来やすい理由は?

MENU

生理前に大人ニキビが出来やすい理由は?

生理前になると、ニキビができやすいという人がいます。

 

普段はできないのに、そのときだけできる、なんて人もいます。

 

その理由は、「プロゲステロン」という黄体ホルモンの分泌が多くなるからです。

 

女性の体内では、毎月ごとの周期に沿って、「エストロゲン」という卵胞ホルモンと、黄体ホルモンとが交互にバランスをとりながら分泌されています。

 

排卵日から生理が始まるまでは黄体ホルモンが、生理が終わると卵胞ホルモンが多くなります。

 

卵胞ホルモンは、肌を整える作用があり、「美肌ホルモン」と呼ばれています。

 

一方で、黄体ホルモンには、男性ホルモンに似た働きがあり、皮脂の分泌を増やす性質があって、結果ニキビができやすくなるのです。

 

また、黄体ホルモンの分泌される時期は、女性の体は高温期にあたります。

 

ニキビができやすい人は、元々体に熱がこもりやすい体質だといわれています。

 

それに高温期の体温が重なって、ニキビが炎症を起こしやすくなります。

 

またわずかに高い体温が、ニキビ菌の増殖を促すのではという説もあります。

 

これらが生理前にニキビができやすい理由です。

 

ただ生理前でもニキビができない人もいるので、このあたりは体質によるもののようです。

 

生理前のニキビが、なるべくできないようにするためには何に気をつければよいのでしょう。

 

とくに大人ニキビの場合には乾燥肌でもできやすいので、一般的には吹き出物と呼ばれていたりしますが、乾燥肌でも出来やすい吹き出物に良い化粧水を使用して肌に刺激を与えないようなケアをしていきましょう。

生理前に出来るニキビのケア方法は?

まずストレスや睡眠不足をなるべく重ねないようにしましょう。

 

黄体ホルモンの影響がより強く出てしまうようです。

 

生理不順も、ニキビが出来やすくなる要因になります。

 

生活の乱れがないかを見直してみましょう。

 

スキンケアは、いつもより丁寧に洗顔し、水分バランスも乱れがちなので、保湿もしっかりとしましょう。

 

この時期は肌が普段より弱くなっていますから、化粧品を今までと違うものに切り替えたり、紫外線を長時間浴びたりしないように気をつけます。

 

メイクアップは薄めにしておきましょう。

 

また、生理前のニキビに効く漢方薬もあるようです。

 

「桂枝茯苓丸」という薬で、いくつかの製薬会社から発売されています。


大人ニキビ化粧水ランキング | 生理前に大人ニキビが出来やすい理由は?



▲生理前に大人ニキビが出来やすい理由は? 上へ戻る