毛穴の開きとスキンケア方法

MENU

毛穴の開きとスキンケア方法

毛穴がたるんでくると開いているようにも見えますが、最初に毛穴が開いてたるんでくることが多いそうです。

 

たるみの場合には肌自体は乾燥していることがありますが、毛穴自体が開いている状態は、皮脂量が多く脂性肌であることも多いそうなんです。

 

毛穴が開いてくるというのは目安ですが25歳ぐらいに多く、毛穴がたるんでくるのは30歳を過ぎてからが多いそうです。

 

原因の1つは肌の奥の真皮の潤い不足ですが、水分量の低下が関係しています。

 

水分量が低下することで肌表面の潤いがかけることで、毛穴が開きます。毛穴の中に皮脂腺があるので、肌表面の潤い不足を皮脂で賄おうとするためより皮脂量が増えて毛穴が開いていきやすいです。

 

男性ホルモンの量が増えると毛穴が開きやすいのですが、セラミド不足になってくるのは化粧品とかスキンケアの方法が間違っているということよりも女性ホルモンの量が低下してきているサインというのがセラミドが不足して肌の水分量がていかしてきているというのに関係が深いようです。

 

そのため男性ホルモンの割合が増すことで、水分量で潤いをカバーするのではなく、皮脂でカバーしていくというのが行われやすいんですよね。

 

ですので、開きが気になる部分とかは鼻とか多いですが、皮脂量が多くなって、毛穴が開いてたるみやすい頬の周りなど乾燥しやすくなって混合肌になっていくというのが比較的多いパターンではないでしょうか。

開いた毛穴を引き締めるには?

毛穴が開いたというのと同じような事で、毛穴が大きいというのがありますが、毛穴自体の大きさは遺伝とかで決まるので、元々脂性の方は毛穴が大きいというのも関係しているかもしれません。

 

毛穴が開くと皮脂量も増えてくるので、毛穴が詰まりやすく、白ニキビと言われる角栓も出来やすくなってきます。

 

そのため保湿なども大切ですが、クレンジングや洗顔など汚れを落とす工程をより毛穴の中まで洗い流せるようなコスメを使用していくということが大切ですし、肌表面の汚れだけを取ることになってしまうと結局新陳代謝が低下してしまい古い角質が残りやすくなってしまいます。

 

また新陳代謝が低下することで毛穴の中の皮脂が酸化するのが速くなり黒ニキビにつながりやすくなります。

 

洗顔の時に一度毛穴を開かせて洗うと汚れが取れやすいのですが、40度くらいのお湯で洗顔していくと良いです。

 

しっかり洗顔で毛穴の中の汚れを落とすことができたら引き締めに効果的なレチノール配合の化粧水や美容液を使用していくとよいでしょう。

 

また毛穴のたるみで乾燥が気になる場合には、引き締めよりもエイジングケア向きのスキンケアが効果的です。

 

どちらもですが、水分量が低下してきているのでセラミドをしっかり肌の奥まで補充していくというのが良いです。

毛穴ケアをする事で大人ニキビへの有効性はある?

ニキビは毛穴に皮脂や老廃物などが詰まり、雑菌が繁殖してしまうことでできます。

 

ニキビの予防や改善には、きちんと洗顔して毛穴の奥の汚れを取り去ることが大事だと言われています。

 

そのため毛穴をケアしていればニキビはなくなり、キレイな肌になると思っている人も少なくないと思いますが、大人ニキビは実はそんなに単純なものではありません。

 

毛穴ケアをして汚れをしっかり取り除けばニキビができなくなるというのは、皮脂の過剰分泌による思春期ニキビや脂性肌の人のニキビケアとして有効な方法です。

 

しかし、大人ニキビはそのほとんどがそれ以外の原因であることが多く、毛穴ケアを重点的に行ってしまうと、なかなか治らなかったりさらに悪化したりということにもなりかねません。

 

ニキビができたらしっかりと洗顔して肌を清潔にして、さっぱりとした化粧品を使えば良いと考えるのは間違いなのです。

 

そもそも大人ニキビは乾燥が原因であることが多く、必要以上に皮脂を取り除いてしまうようなスキンケアでは改善できません。


大人ニキビ化粧水ランキング | 毛穴の開きとスキンケア方法



▲毛穴の開きとスキンケア方法 上へ戻る