ストレスとニキビの関係性は?

MENU

ストレスとニキビの関係性は?

ニキビができやすいのはストレスとの関係性があります。ストレスって結果的にホルモンバランスが乱れる原因になりやすいのですが、その結果肌に影響してきたりします。

 

ストレスと感知すると活性酸素なども含まれますが、処理するためにはストレスに対抗できるのはビタミンCであったり、ビタミンB群を多く使用します。

 

もちろん食事でまかなっていると対抗し易いのですが、摂取不足の場合脳はより強くストレスに感じやすいそうです。

 

また活性酸素は体の中でも酸性に傾きやすいので内蔵でも肌に関係する腸の働きだとかも弱くなり易いです。

 

思春期の頃はホルモンバランスも安定しないですし、男性ホルモンの分泌量も増えるので、体毛量もおくなるので皮脂腺が発達しニキビなども出来やすくなります。

 

その中でビタミンCなどのビタミンやミネラルなどバランスよく摂取していくことがニキビ予防や対策でも必要になってくるでしょう。

ストレスと血液循環

ストレスを受けると体は緊張状態が続くと言われています。

 

交感神経が過敏になりやすいのでなかなかリラックスしにくくなるんですよね。

 

ビタミンとかとっておくとストレスに対して過敏ではなくなりやすいのですが、知らず知らず自律神経が疲れてきやすいです。

 

そうすると筋肉の縮みやすくなり血管も固くなりやすく血行が悪くなりやすいんですよね。

 

血行が悪くなると栄養を肌に送っているのも酸素と同様に血液ですし、静脈など使用した酸素や老廃物を回収して戻すのですが、戻りが悪いとむくみやすく肌も悪くなりがちです。

 

血液が酸素と栄養を運ぶので栄養の質なども関係してきますが、ストレスを受けると交感神経が興奮しやすくなり血行が悪くなります。

 

逆にリラックスできると副交感神経がよく働くので血管が拡張して血液の流れがよくなりやすいです。


大人ニキビ化粧水ランキング | ストレスとニキビの関係性は?



▲ストレスとニキビの関係性は? 上へ戻る