大人ニキビのケアでも洗顔とクレンジングが重要?

MENU

大人ニキビのケアでも洗顔とクレンジングが重要?

ニキビの予防や炎症が起きた時も洗顔とクレンジングは大切です。

 

治療薬やスキンケアでも同じですが、毛穴の中の汚れがしっかり取れていないと効果も半減していきます。

 

洗顔で大切なことは正しい洗い方と質の高い毛穴ケア向きの洗顔料を使用するとことから初めて行くと効果的です。

石鹸の質に左右されやすい?

正しい洗顔方法では、石鹸の質に左右されてしまいます。

 

泡の量も大切ですが、泡がすぐにヘタレてしまうような洗顔料だと肌につけたとき逃げてしまうので弾力性がある方が好ましいです。

 

弾力性があることで肌とのクッションのような役割になり肌への負担も少なくなります。

 

また泡が逃げたり潰れてしまうようなタイプだと、肌を手で強く押してしまいやすいので、肌に負担が増してしまいやすいです。

 

面倒ですが、泡立てネットで泡の量を多くして使用することでツルツル滑るような刺激のすくない洗顔を心がけるとよいでしょう。

 

泡の量が少ない感じでツルツル力を入れなくても洗顔できますが、自然と力も入りやすいですし、泡が逃げた状態で洗うので毛穴の中がしっかり洗えなくなるので、まずは質の高い石鹸を使用して泡立てをよくして使いましょう。

質の高い石鹸を使用する

アミノ酸系の洗顔料は肌には優しいですが、泡の量が少ない場合もあります。

 

石鹸はアルカリ性なので肌に負担がかかると考えられがちですが、ミネラルバランスを整えることもできますし、泡の量も豊富なので使用していくと良いです。

 

その際に大切なのは、保湿成分やニキビが出来ているときは炎症を抑える成分が配合されているのを選ぶとよいでしょう。

 

そうすることで石鹸自体の洗浄力の強さをカバーできるのとより泡がクリーミーにもなるのでしっかり保湿成分と消炎作用の成分が入っているのを選ぶとよいでしょう。

クレンジングも刺激が少ないタイプを使用する

クレンジングもメイクを落とすために必要ですが、二度洗いが必要なタイプだと最初の洗顔時は泡が立ちにくいですよね。泡が立ちにくい時はあまりこすらずに軽く流してあげるほうが肌も乾燥しにくいです。

 

クレンジングの時にオイルクレンジングよりも最近ではW洗顔不要のクレンジングが多く出ているのでそれらを使用すると良いかもしれません。

 

アミノ酸系洗浄成分を使用しているのでシットリしていますが、石鹸で洗顔するとしっとり感は消えてさっぱり感もあるので、なにより肌が乾燥しなくてすみます。

 

ただどちらも適当なケアの場合だと毛穴にメイクの汚れが取りきれないのでアミノ酸系の洗浄成分は粒子が細かいので洗いやすいですし、使用していない方は使用してみると良いかもしれません。

洗顔やクレンジングを見直すことで保湿しやすくなる

このように洗顔やクレンジングを見直すことで保湿の際もそうですが、化粧水の浸透が良くなったりすることが多いです。

 

浸透しないとき化粧水を変えようとすることが多いと思いますが、洗顔のときやクレンジングの時に刺激が強かったり毛穴周りのザラつきが取れていなくて新陳代謝が低下していると浸透性は悪くなりやすいです。

 

ニキビの時もそうですが、毛穴に汚れが溜まると詰まるのでよりニキビが出来やすい環境になってしまいます。

 

そうならないためにも洗顔やクレンジングの方のケアをより重点的にやさしくケアしていくということがやはり大切なんですね。

 

蒸しタオルなどを使用して毛穴を開かせたりしながら優しいケアを心がけて見てください。


大人ニキビ化粧水ランキング | 大人ニキビのケアでも洗顔とクレンジングが重要?



▲大人ニキビのケアでも洗顔とクレンジングが重要? 上へ戻る