口の周りにニキビが出来やすい理由は?

MENU

口の周りにニキビが出来やすい理由は?

思春期ニキビと少し違うのは口の周りや顎に集中的に出来やすいという特徴があります。

 

思春期の場合はまんべんなく全体にできますが、大人ニキビの場合には特定の場所に出来やすい感じです。

 

デリケートな部分に出来やすかったり、また皮膚が薄いと言われているフェイスラインにできやすくなってきます。

 

特にオイリー肌であっても年齢とともに頬などが乾燥し易い混合肌になってきたりしますが、特に代謝が落ちやすい場所に出来やすかったりします。

 

また洗顔とかでは頬などは平面なので集中的に洗いやすく保湿の際も特に平面なので保湿しやすいというところなので、石鹸とかで肌を洗う時にこすりすぎたりすると代謝低下しやすいというのも関係があるかもしれません。

 

顎や口の周りは、ホルモンバランスの影響からか生理前とかにも出来易いです。

 

ホルモンバランスの影響やストレスなどでは口内炎や冬だと口の周りが切れやすかったりすると思いますが、気候やストレスや疲労などでも出来やすかったりします。

 

ニキビができると痛みが出るので、洗顔とかもあまり汚れとかも取りにくい感じになりやすいですので、スキンケア化粧品などの浸透が悪くなりがちです。

 

丁寧なケアを心がけていくのが大切ではないでしょうか。

 

ニキビが赤くなって炎症が起きてしまっている状態だと毛穴もつまりがちでケアしづらいです。

 

基本的にストレスとの関係や生理前に出来やすいから食事でもビタミンCが豊富な食事というのをしていくのが大切です。

口の周りにニキビが出来やすい場合には、肌の水分量を増やそう

水分量がすくなくなってくると肌のくすみなど新陳代謝が低下しやすくなりますし、セラミド不足による毛穴の開きも気になりやすいのではないでしょうか?

 

顎や口の周りは毛穴も豊富ですが皮膚がうすいので洗顔でも洗いにくい場所です。

 

そのため毛穴ケアはしにくいところなんですよね。

 

また水分量を増やすためにもコラーゲンも大切ですが、ヒアルロン酸やセラミド不足を補うというのがよいでしょう。

 

そして表面上にある古い角質をケアしながら角質層を作っているコラーゲンとエラスチンを外部から補充していくと効果的です。

 

水分量が多いということは毛細血管の傷も少なく結構も良い状態を保つという上でスキンケアだけでなくお顔の表情筋なども使ってあげたりマッサージしてあげるというケアも大切になってきます。

 

特に生理前は交感神経が過敏になりやすく皮膚も過敏になりやすいです。

 

しっかりとしたケアも大切ですが、低刺激で刺激につながらないケアをしていくことが口の周りや顎のニキビには大切です。


大人ニキビ化粧水ランキング | 口の周りにニキビが出来やすい理由は?



▲口の周りにニキビが出来やすい理由は? 上へ戻る