混合肌の正しいスキンケア方法は?

MENU

混合肌の正しいスキンケア方法は?

混合肌の人はどんなスキンケアをしても、お肌のアンバランスな状態が改善されないので適当にスキンケアを終わらせてしまおうということが多いと思います。

 

しかし諦めてしまえば当然お肌の状態がひどくなってしまう一方になりますから、諦めずにスキンケアは、行っていきましょう。

 

混合肌の人はどのようなスキンケアが良いのかというと、皮脂が多い部分と皮脂が少ない分でケアを分けるのではなく、同じケアを心がけることが大切になってきます。

 

皮脂が多い部分というのは、もともと、乾燥してしまっていて、乾燥を防ぐために皮脂がたくさん分泌されるようになってしまっているので、きちんと潤いを与えてあげれば皮脂の過剰な分泌が抑えられます。

 

また乾燥している部分に関しては当然のように保湿を行っていくことでお肌が潤っていきます。

 

ですからどちらにしても混合肌のスキンケアというのは、しっかりとした保湿を行うことが大切になってきます。

 

もちろん保湿の前の洗顔についても皮脂が多い部分ばかりを重点的に洗うのではなく、しっかりとバランスよく洗顔を行うことが必要になります。

 

汚れをしっかりと落としてあげた後にたっぷりとお肌全体の保湿をしてあげることによって、皮脂が過剰に分泌されている部分もお肌が潤って安定した状態になってきます。

 

乾燥した部分に関しては継続して保湿を行ってあげるようにすることで、お肌のバランスが保たれるようになり、混合肌の状態が改善されてきます。

 

ですから混合肌の人は毎日しっかりと保湿に心がけるようにスキンケアを行ってみてください。

 

バリア機能を向上させて肌の水分量を増やそう

先ほどの記事で脂性の部分と乾燥しやすい部分があると書きましたが、特にTゾーンの部分が脂性であり、頬や顎の周りが乾燥しやすいという特徴があります。

 

ただ混合しているということなので、先程までは脂性肌と乾燥肌という組み合わせですが、普通肌と脂性などいくつも組み合わせがあるようです。

 

ただ敏感肌と乾燥肌を組み合わせたものは乾燥性敏感肌と呼びますが、混合肌と呼ばれないという点はあります。

 

特に脂性も乾燥肌の部分もインナードライと呼ばれる保水力の低下が挙げられることが多いです。インナードライでも様々ですが、セラミド不足がまず挙げられます。

 

セラミド不足など水分量がなくなっていきやすいのも、バリア機能が低下すると外部からの刺激に弱くなりやすいという面がありますが、ここで大切なのはバリア機能が低下することで内部の水分も外側に出て行ってしまうということがあります。

 

ですので外部からセラミドを補給して内側の水分が外に出てしまわないようにしていくことが大切なことでしょう。

 

混合肌でも複雑な組み合わせなので、やはり内部の環境であるストレスや生活環境など様々な影響が肌にも出てきますし、便秘やダイエットなどにも出やすいです。

 

ですので気候の変化が大きい日本の場合は保湿を中心として生活環境を整えることは大切です。


大人ニキビ化粧水ランキング | 混合肌の正しいスキンケア方法は?



▲混合肌の正しいスキンケア方法は? 上へ戻る