大人ニキビ化粧水ランキング@乾燥肌でも出来やすい吹き出物に良いコスメは?

MENU

投稿記事の一覧

投稿記事の一覧

 

大人ニキビのスキンケア情報

当サイトは主にニキビでも成人を迎えて30代以降でも出来やすい大人ニキビ中心に扱っているコンテンツですが、思春期の頃に出来るニキビは量も多いですし、クレーターのように跡にも残りやすいですよね。発生のメカニズムとかにも違いがあるのでしっかり理解して正しいケアをしていくことは大切ですが、思春期の頃にも出来やすいニキビのメカニズムや基礎知識を学んでいってくださいね。大人ニキビの場合でもニキビがあると顔を隠したりしたくなりますし、肌も綺麗に見えなくなり易いのでファンデーションとかも厚くなりやすいですが、どうしても毛穴を塞ぎやすいので悪循環になりやすいです。思春期の頃のニキビケアでも正しいスキンケアは大切ですし、病院での治療薬はどちらかというと思春期ニキビに対して有効であることが多いです。

 
 

白ニキビの主な特徴は?

白ニキビというのは、ニキビの一番初めの段階で、先端が白くぽつっとできているものです。ニキビに見えないような感じで角栓みたいな感じですが、芯みたいなのがあり、しっかり芯を取らないと改善しないというのもアクネ菌が繁殖し始めれば炎症が起きてしまいやすいので、乱暴なケアをしないように丁寧なケアが必要になってきます。毛穴が詰まってしまうので、閉鎖ニキビとも呼ばれていたりします。ですので詰まったところはなかなか洗顔で改善できないので芯を取るというのが大切でしょう。白ニキビは、皮脂の過剰な分泌などが原因で、若い頃や学生時代には、これが顔にたくさんできていた人もいるでしょう。古い角質がたまってしまうことでできてしまう事もありますが、大人ニキビの場合には乾燥という面もあり、ホルモンバランスが乱れることで毛穴を白ニキビで封鎖してしまうこともあるようです。

 
 

黒ニキビの主な特徴は?

ニキビと言っても、個人やシチュエーションによって色々な種類があります。近年、注意が促されているのが黒ニキビといわれるものです。白ニキビというのは、前のページでも説明しましたが、角栓と呼ばれる毛穴が詰まった状態です。黒ニキビはそれが、酸化してしまった状態の事を指します。酸化というのは皮脂もそうですが、弱酸性でできています。弱酸性というのは雑菌が湧きやすい状態です。ですので、汚れなど吸着する作用がある皮脂と毛穴に溜まった化粧品などの汚れなどがくっついてしまい酸化して黒くなってしまうということが黒ニキビではあるようです。黒ニキビでわかりやすいのは、イチゴ鼻などに代表されるような毛穴の黒ずみです。特に鼻など脂性の方に多く見られます。

 
 

炎症が起きる赤ニキビの主な特徴

赤ニキビは黒ニキビの次の段階と言われていますが、あまりニキビができない人は朝おきたら痛みがあり、鏡を見たら赤いニキビが出来ていたという経験があるかもしれません。そして赤いニキビが出来始めの頃は炎症もそれほど強くないので、白いニキビの影があるというのがわかるかもしれません。なので白ニキビ⇒黒ニキビ⇒赤ニキビ⇒黄ニキビと順番にニキビになっていくというわけではないというのがあります。黒ニキビは背中とかにも出来やすいので意外に目にしていることはあるかもしれませんが、なぜ炎症が起きてしまうということになるのでしょうか?毛穴の中に存在するアクネ菌が毛穴の炎症を起こさせてしまうというのが赤ニキビの主な原因です。

 
 

黄ニキビは跡に残りやすい?

黄ニキビは、ニキビが悪化の最終段階で、毛穴の中に膿が溜まっている状態のものを指します。赤ニキビと言われる炎症を起こしたニキビが中央のところが黄色くなっているものです。シミや色素沈着、ニキビ跡がクレーターのようになりやすく、出来てしまったらきちんとしたケアを行うことが大切になります。膿が溜まっているのが表皮を通して見えるため、目立たないように潰してしまう人もいるようですが、潰すという対処はもっとも行ってはいけない方法で、ニキビ跡を大きく残してしまう原因となります。皮膚の部分が没落してしまって毛穴を潰してしまうので、クレーターのような跡になってしまうということがあるので、潰してしまうと毛穴が破壊されてしまうこともあることから皮膚科に受診される方が良いでしょう。

 
 

ニキビ薬の特徴は?

ニキビにも色々な種類があります。思春期に出来る青春のシンボルなニキビや、大人になってから出来る大人ニキビ。どちらも自然にはなかなか完治しないので、症状にあった薬が必要です。思春期に出来るニキビは、主に皮脂分泌が過剰になって出来る場合がほとんどで、こうした症状が出ている人は、市販の薬を使う場合が多いようです。CMなどで知名度もある某ニキビ薬は、イオウやレゾルシンが配合されていて、まさに思春期のニキビにはピッタリの薬です。レゾルシンは殺菌作用があるので、ニキビの原因となるアクネ菌を抑える働きがあります。またイオウは、余分に出た皮脂を吸収してくれる作用があります。夜寝る前に、こうした薬をたっぷり付けて寝れば、翌朝に改善されていることを期待出来ます。それでも頑固に繰り返されるニキビや、ニキビ跡がなかなか治らない場合は、すぐに皮膚科に行きましょう。

 
 

顎に大人ニキビが出来る原因は?

思春期にできるニキビは皮脂の分泌の多いTゾーンにできやすいですが、大人ニキビは顎や口周りなどのUゾーンにできやすいといいます。顎は汗をあまりかくことはないのですが皮脂は意外に多く、そのため毛穴が詰まりやすく乾燥しやすい部分でもあるのです。ですから顎はニキビのできやすい場所のひとつと言えます。さらに顎のニキビは手で触ることが多いため雑菌が付きやすく、洗顔時に洗い残しの多い場所でもあるため、一度ニキビができると治りにくく、同じ場所に何度も繰り返すことが多いのです。そもそも顎にニキビができるのは、ホルモンバランスの崩れが原因の一つと考えられています。特に女性は生理があるためホルンバランスは崩れがちで、顎ニキビができやすいと言えるでしょう。

 
 

頭皮のニキビにはクレンジングシャンプーを使うと良い?

毎日髪を洗っていても、頭皮のべたつきやフケで悩まれている方はいらっしゃるものです。またカラーしたりパーマしたりすることもあると思いますが、カラー剤などが合わないとニキビができたりします。頭皮のニキビの場合には毛穴が豊富なので痛みが強いというのもありますし、白ニキビよりもいきなり痛みがあり、見たら赤ニキビになっているということもあるでしょう。そして、そういった症状のある方は、肌質に原因があることはもちろん考えられますが、合わないシャンプーを選んでしまっている可能性もあります。シャンプーはヘアケアには欠かせない商品で、髪や頭皮を清潔に保つのには欠かせないものです。不潔な状態にしていると、フケが増えたり、毛穴がつまってニキビが出来やすくなり、抜け毛の原因になったりと何かとトラブルが置きやすくなってしまうものです。

 
 

肌の角質が厚くなるのとニキビが出来やすいのには関係がある?

ニキビや大人ニキビに悩まされてしまっている人は、単純に洗顔の方法が悪かったり、スキンケアの方法が悪かったりということを考えてしまいがちです。また生活習慣の中で食事の内容などに気をつけていくというような人もいると思いますが、ニキビができてしまうのはこれだけではなく肌の角質が厚くなってしまう事も原因として考えられます。常にしっかりと正しい洗顔を行い、スキンケアでお肌に潤いを与えてあげるようにすれば、お肌はターンオーバーを行っていますから、角質が硬くなってしまうということはないのです。どうしても紫外線による影響などによりお肌が乾燥してしまうと毛穴が開いてしまい、ターンオーバーのサイクルが乱れてしまうようになるので、角質が厚くなってしまいます。

 
 

混合肌の正しいスキンケア方法は?

混合肌の人はどんなスキンケアをしても、お肌のアンバランスな状態が改善されないので適当にスキンケアを終わらせてしまおうということが多いと思います。しかし諦めてしまえば当然お肌の状態がひどくなってしまう一方になりますから、諦めずにスキンケアは、行っていきましょう。混合肌の人はどのようなスキンケアが良いのかというと、皮脂が多い部分と皮脂が少ない分でケアを分けるのではなく、同じケアを心がけることが大切になってきます。皮脂が多い部分というのは、もともと、乾燥してしまっていて、乾燥を防ぐために皮脂がたくさん分泌されるようになってしまっているので、きちんと潤いを与えてあげれば皮脂の過剰な分泌が抑えられます。

 
 

口の周りにニキビが出来やすい理由は?

思春期ニキビと少し違うのは口の周りや顎に集中的に出来やすいという特徴があります。思春期の場合はまんべんなく全体にできますが、大人ニキビの場合には特定の場所に出来やすい感じです。デリケートな部分に出来やすかったり、また皮膚が薄いと言われているフェイスラインにできやすくなってきます。特にオイリー肌であっても年齢とともに頬などが乾燥し易い混合肌になってきたりしますが、特に代謝が落ちやすい場所に出来やすかったりします。また洗顔とかでは頬などは平面なので集中的に洗いやすく保湿の際も特に平面なので保湿しやすいというところなので、石鹸とかで肌を洗う時にこすりすぎたりすると代謝低下しやすいというのも関係があるかもしれません。顎や口の周りは、ホルモンバランスの影響からか生理前とかにも出来易いです。

 
 

大人ニキビのケアでも洗顔とクレンジングが重要?

ニキビの予防や炎症が起きた時も洗顔とクレンジングは大切です。治療薬やスキンケアでも同じですが、毛穴の中の汚れがしっかり取れていないと効果も半減していきます。洗顔で大切なことは正しい洗い方と質の高い毛穴ケア向きの洗顔料を使用するとことから初めて行くと効果的です。正しい洗顔方法では、石鹸の質に左右されてしまいます。泡の量も大切ですが、泡がすぐにヘタレてしまうような洗顔料だと肌につけたとき逃げてしまうので弾力性がある方が好ましいです。弾力性があることで肌とのクッションのような役割になり肌への負担も少なくなります。また泡が逃げたり潰れてしまうようなタイプだと、肌を手で強く押してしまいやすいので、肌に負担が増してしまいやすいです。面倒ですが、泡立てネットで泡の量を多くして使用することでツルツル滑るような刺激のすくない洗顔を心がけるとよいでしょう。

 
 

乾燥肌の主なスキンケア方法は?

乾燥肌は特に冬になるとカサカサしてきて大変ですよね。皮脂の分泌量が少ない状態ですが、皮脂は肌自体を保湿するためにも必要ですし、雑菌などから体を守るためのものでもあります。ただ乾燥肌は皮脂が分泌量が少ないというのはふくらはぎとか特に代表的にはありますが、内臓疾患とくに肝臓との関連性があるとも言われています。乾燥してしまう原因にはそのほかにもストレスなどによるホルモンバランスや便秘など関係しているようです。また古い角質が落ちにくくなりやすいので代謝不足につながりやすいです。乾燥肌に方ではやはり古い角質が落ちにくいという代謝不足もあるので外部ケアというのも大切ですし、セラミド補充なんかも保水力を高めバリア機能も低下しやすいので乾燥性敏感肌につながりやすいからスキンケアも大切です。

 
 

ストレスとニキビの関係性は?

ニキビができやすいのはストレスとの関係性があります。ストレスって結果的にホルモンバランスが乱れる原因になりやすいのですが、その結果肌に影響してきたりします。ストレスと感知すると活性酸素なども含まれますが、処理するためにはストレスに対抗できるのはビタミンCであったり、ビタミンB群を多く使用します。もちろん食事でまかなっていると対抗し易いのですが、摂取不足の場合脳はより強くストレスに感じやすいそうです。また活性酸素は体の中でも酸性に傾きやすいので内蔵でも肌に関係する腸の働きだとかも弱くなり易いです。思春期の頃はホルモンバランスも安定しないですし、男性ホルモンの分泌量も増えるので、体毛量もおくなるので皮脂腺が発達しニキビなども出来やすくなります。

 
 

肌のキメを整える栄養

特に乾燥肌の方で気をつけたい食事ではビタミンを多く取る事。ビタミンだけでなく、ミネラルとタンパク質ですよね。比較的日本の食生活でも和食系と洋食系で食事が分かれてしまっている人もいるので一概に足りている栄養や足りていない栄養というのは一概には言えないと思います。ですが、かけやすい栄養素と肌に必要な栄養素というのを紹介してみたいと思います。基本的に多くとっているのは糖質や脂肪と言われています。3大栄養素で言うと糖質(炭水化物)・タンパク質・脂質です。この中ではタンパク質がかけやすいのですが、イメージ的にあまり良いイメージを持たれていないこともあります。コラーゲンなんかもこのタンパク質に含まれますが、脂肪が多い食品にタンパク質が豊富なのでセットで考えられてしまうという点においてタンパク質というのがどうしても太るという印象を与えやすいというのがあるのでしょう。

 
 

肌が硬い場合にはヒアルロン酸配合の化粧水は良い?

ヒアルロン酸は配合されている化粧水や洗顔料など非常に豊富になってきました。ヒアルロン酸も高価な成分ですが、技術が向上して価格が抑えられてきました。そのため高級な化粧品以外にも使われ始め美容液や保湿クリームなど価格が高い製品のみに配合されていたのが先ほどの化粧水や洗顔石鹸やクレンジングなどにも今では配合されています。セラミドと共通する点としては肌の水分を貯水しているという点で似ていて保水力に関わっているのが大きなポイントです。保水力に関わっている点といえば粘性が高いという点において関係があり、肌のバリア機能が低下すると内側の水分が外に流出しやすいという点を防ぐことができるとも言われています。そのためセラミドと同時にヒアルロン酸も配合された化粧品を使用すると良いというのが保湿するうえでは重要な点です。

 
 

毛穴の開きとスキンケア方法

毛穴がたるんでくると開いているようにも見えますが、最初に毛穴が開いてたるんでくることが多いそうです。たるみの場合には肌自体は乾燥していることがありますが、毛穴自体が開いている状態は、皮脂量が多く脂性肌であることも多いそうなんです。毛穴が開いてくるというのは目安ですが25歳ぐらいに多く、毛穴がたるんでくるのは30歳を過ぎてからが多いそうです。原因の1つは肌の奥の真皮の潤い不足ですが、水分量の低下が関係しています。水分量が低下することで肌表面の潤いがかけることで、毛穴が開きます。毛穴の中に皮脂腺があるので、肌表面の潤い不足を皮脂で賄おうとするためより皮脂量が増えて毛穴が開いていきやすいです。

 
 

ニキビがある際のファンデーションの選び方

大人ニキビができたのを、ファンデーションで隠してしまいたい気持ちになることがあると思います。でも、ニキビがあるときにファンデーションを塗るのはよくないとも言われています。なぜニキビにファンデーションはよくないのでしょうか。それは、毛穴をふさいでしまうからとかファンデーションに含まれる油分が酸化して肌に悪い影響を与えるとか油分がアクネ菌の栄養になるからなどの理由があるようです。特にクリームファンデーションを使うとニキビが悪化してしまうことがあるようです。クリームファンデーションは油分が一番多く、ついでリキッドタイプ、パウダリーファンデーションの順に少なくなります。フェースパウダー(おしろい)はもっと油分が少ないです。

 
 

生理前に大人ニキビが出来やすい理由は?

生理前になると、ニキビができやすいという人がいます。普段はできないのに、そのときだけできる、なんて人もいます。その理由は、「プロゲステロン」という黄体ホルモンの分泌が多くなるからです。女性の体内では、毎月ごとの周期に沿って、「エストロゲン」という卵胞ホルモンと、黄体ホルモンとが交互にバランスをとりながら分泌されています。排卵日から生理が始まるまでは黄体ホルモンが、生理が終わると卵胞ホルモンが多くなります。卵胞ホルモンは、肌を整える作用があり、「美肌ホルモン」と呼ばれています。一方で、黄体ホルモンには、男性ホルモンに似た働きがあり、皮脂の分泌を増やす性質があって、結果ニキビができやすくなるのです。また、黄体ホルモンの分泌される時期は、女性の体は高温期にあたります。ニキビができやすい人は、元々体に熱がこもりやすい体質だといわれています。

 
 

ニキビにサプリメントの効果はある?

サプリメントは栄養を補うための補助食品です。大人にきびに困っているとき、効果があるといわれるサプリメントを試してみてもいいかもしれません。ビタミンCは肌によいビタミンとして、多分一番よく知られているものでしょう。抗酸化作用で肌の老化を防いだり、コラーゲンの生成を助ける作用があります。メラニン色素の生成を抑えるので、ニキビが色素沈着してシミになることの予防になります。ビタミンB群も肌の健康の維持には欠かせないビタミンです。ビタミンB2は脂質の代謝を促したり、細胞の再生や成長を促進します。ビタミンB6は、皮膚の炎症を抑え、ニキビを予防したりニキビ跡を目立ちにくくします。ビオチンは皮膚の再生機能や肌の老廃物を外に出やすくしてくれる作用があります。

 
 

敏感肌のスキンケア方法は?

私は小さなころからアトピー性皮膚炎であり、今でも皮膚科に通って治療を受けております。アトピー性皮膚炎ということもあるせいか、皮膚全体的に敏感肌なので、化粧品やスキンケアコスメを購入する際には、成分などに気をつけて購入するようにしております。敏感肌というとどちらかというと乾燥しているようなイメージがありますが、肌バリアが低下していているということでもあるので、脂性肌の方もいます。ケアの方法は敏感肌でも、プラスして乾燥しているのか?脂性なのかでケア方法は少し異なります。バリア機能が低下しているので、外部の刺激に対して弱い傾向があり、内部の水分が外に流出しやすいというのもあるので、セラミド不足になりやすいので、セラミドを補充してあげることが共通点です。脂性肌の方の場合には、敏感肌でも毛穴の中に皮脂がたまりやすいので、毛穴の黒ずみやニキビが出来やすいという点が乾燥肌タイプと違う点でしょう。

 
 

ニキビがある時は毛穴に優しいクレンジングを使うと良い?

クレンジングは、メイクに使った化粧品を落とす役割がありますが、オイルや界面活性剤を使います。メイク用の化粧品は油性が多いですから、油を使うと落としやすいのです。界面活性剤は、水分と油分を混ぜて落としやすくします。大人のニキビ肌に使うクレンジング料は一般的に、オイルカットのものを選ぶのがよいといわれています。メイク汚れを含めて肌に必要な皮脂を取りすぎると肌が急速に乾燥してしまうので、毛穴が開いてより皮脂が多く分泌しやすくなったり、皮脂量がもともと少ない場合には、代謝が落ちて水分量がなくなりよりエイジングサインが目立ちやすくなります。クレンジングでも界面活性剤の量が多かったり、強い脱脂力が使われている場合には、肌の表面がより乾燥しやすくなるので、注意が必要です。

 
 

毛穴よりも粒子が細かいクレンジングを使う

逆にオイル自体が落としきれなくて、毛穴に残ってニキビ菌の餌になってしまうこともあるようです。クレンジングオイルを選ぶときは、界面活性剤を含まない製品もあるのでさがしてみてください。毛穴の炎症が起きることが主に赤ニキビで痛みも伴いますし、見た目にも影響が出やすいですよね。毛穴の中の汚れを取るのを優先とした毛穴よりも細かい粒子の界面活性剤が使用されたクレンジングを使用していくと粒子が細かいです。やはり粒子が大きいと乾燥ニキビが大人になって出来やすいというのは、肌の水分量と関係していて水分量が少ないと逆にできやすくなるので、クレンジングや洗顔料を含めて肌の脂分を落としすぎると肌が乾燥しすぎてしまいニキビが出来やすくなりますし、肌表面のみのメイクの汚れや皮脂をとってしまいやすいので、毛穴の綺麗さとのバランスが悪くなりやすい傾向もあるようです。

 
 

大人ニキビのスキンケアに良い保湿クリーム

肌の美しさ、若さを保つためには毎日のスキンケアは欠かせないものとなっています。紫外線を避けたり、肌に良いとされる食品を積極的に取り入れる、そして睡眠も大事ですので、質の良い睡眠が取れるようにしておきたいものです。そしてスキンケアでは化粧品は欠かせないものとなっています。化粧品にも多くの種類がありますが、まずは水分を与えるための化粧水は欠かせることができません。そして水分を与えただけでは蒸発しやすいですので、油分も与えて水分が出ないようにする工夫も必要となります。そして油分でよく利用されるのが乳液、そして保湿クリームです。以前は乳液やクリームで油分を与えることは毛穴を詰まらせるなどといわれ、あまり利用しないこともありましたが、肌の潤いを保つためには水分だけではなく、適度に油分を与えることも大切です。

 
 

保湿クリームを使用しながらマッサージして肌トラブルを防ぐ

肌をしっかり保湿しておくと肌トラブルも少なくなりますし、メイクののりもよくなりますので、保湿をしっかり行うためにもクリームなどの油分も上手に利用していきたいものです。特に口の周りや顎の部分は皮膚が薄いですし、乾燥しやすいです。また大人ニキビが出来やすい場所なので、大人ニキビ予防のためにもしっかり保湿してあげましょう。そして敏感肌の方の場合も何かと肌に刺激を受けやすいですから、そういった刺激から肌を守るためにも保湿クリームはとても役立ってくれるものです。そして肌が敏感な方の場合は敏感肌に対応したものを選んでおくとより安心して利用することができます。特に冬は肌が乾燥しやすいので、保湿クリームを利用されている方は多いですが、夏場となると汗や皮脂で肌がべたつくことも多いので、つい化粧水などの水分のみでお手入れされている方も多いものです。

 
 

イオン導入は大人ニキビに効果ある?

イオン導入によるニキビケアとはどのようなものなのでしょうか。イオン導入とは、微弱な電流を流して有効成分を肌の奥にまで浸透させる美容方法です。肌の表面の角質層には外部の刺激から肌の奥の真皮層を守るバリア機能があるため、美容成分をただ塗っただけでは、角質層までしか届きません。イオン導入では、有効成分を水に溶かしマイナスイオン化して肌に塗り、マイナスの電極をあてると、マイナスの力同士で反発して、成分が肌の奥にまで入っていきます。ただ肌に塗るだけの場合に比べて、10倍から100倍以上の浸透力があるといわれています。かつてはエステや美容外科だけで行われてましたが、今は家庭用の導入器も販売されています。有効成分はビタミンC誘導体が最もよく用いられます。

 
 

肌のくすみを解消するには?

朝メイクしたての顔はまともに鏡で見れたのに、夕方改めて鏡で自分の顔を覗きこんでびっくりすることってありませんか?ランチタイムに一度、お化粧直しをしたのに、夕方になるにつれて肌がくすんで見えて、この上なく顔色が悪い。あるいは、流行りのベージュ系リップでメイクしたのに、どうも肌がくすんで見えて仕方がない。そもそも、肌のくすみの原因はどこにあるのでしょうか?一つには、血液の循環が悪くなって、肌がくすんで見えることにあります。もう一つには、古い角質が肌に残って、それがくすんで見える原因になります。血液の循環を良くするには、とにかく身体を普段から冷やさないように気をつけることがいちばんです。肌のくすみを解消するには血液循環を良くすることは大切ですが、スキンケアでは保湿しながらマッサージしてあげると効果的です。もう一つは美白化粧品を使用することです。美白成分のハイドロキノンやアルブチンは肌を明るくする成分なので、シミに効果的ですが、肌のくすみ解消にも効果的です。

 
 

肌の新陳代謝を上げるには運動も大切?

肌の新陳代謝を上げると、肌細胞が新しく入れ替わるので美肌に効果があるというのは有名なことですよね。ですから、美肌を目指したりトラブルを改善するために、単に美容成分や保湿成分を取り入れるというだけではなく、新陳代謝を活性化させるためのケアを行っているという方も多いでしょう。肌の新陳代謝を上げるためには、代謝を促進する成分が配合されている化粧品を使用するという方法もありますし、マッサージをして血行を促進するという方法もあります。これらの方法は確かに新陳代謝アップにつながることですが、美肌になるための新陳代謝アップ効果にはなかなか繋がらないというのが実情です。というのも、血液というのは体全体をめぐるものであって、一部位だけに流れているものではないため、例えば顔の新陳代謝をあげたくても体全体の血行を促進することが必要になるのです。

 
 

オイリー肌のスキンケア方法は?

皮脂が多くてベタつきがちな肌質の方をオイリー肌(脂性肌)と呼んでいますが、正しいスキンケアを実施しなければニキビが出来やすいため注意が必要です。オイリー肌のスキンケアで大切なポイントは余分な皮脂だけを取り除き、しっかり保湿ケアを行う事です。オイリー肌の方はどうしても皮脂が多いため、さっぱり感の強い洗顔料を選びがちです。確かに皮脂をしっかり落とせるため洗い上がりはさっぱりしますが、あまりにも洗浄力が強すぎると余分な皮脂だけでなく必要な皮脂も一緒に落としてしまいます。皮脂を完全に洗い流すと肌のバリア機能が失われてしまい、紫外線の影響を強く受けて肌トラブルを招きやすくなります。何とかして肌の潤いを維持しなければいけないと一生懸命皮脂を分泌させる働きが機能して、以前よりも皮脂が多くなる可能性もあり、更に悪循環を招きかねないため十分注意が必要です。

 
 

アクネ菌の主な働きと特徴は?

ニキビの原因になるのはアクネ菌と呼ばれている細菌です。アクネ菌は皮膚に存在している常在菌の一種で、実は誰の皮膚にでも存在しています。本来は肌の健康状態を維持する働きがあり、弱酸性に保ちながら外から侵入してくる細菌から肌を守ってくれています。アクネ菌が存在していなければ、私達の肌は細菌の攻撃に負けて常に肌トラブルを引き起こしているのかもしれません。嫌なニキビの元になる邪魔な存在として認識している方が多いですが、なくてはならない存在として活躍するのが本来の姿です。アクネ菌は酸素が苦手で皮脂を好む性質があるため、皮脂が多く分泌される毛穴に多く存在しています。ある程度の数が存在している場合は全く問題がなく、むしろ肌の健康状態を維持してくれる大切な存在になりますが、問題になるのは過剰に増えすぎた時です。

 
 

ダイヤモンドピーリングはニキビに効果的?

お肌の状態を改善するために実施している方が多いダイヤモンドピーリングは、クリニックやエステサロンで実施できるピーリング方法です。ご家庭用の美顔器として活用できる商品も存在しています。ダイヤモンドピーリングの特徴は、古い角質を効率良く除去するためにダイヤモンドチップを採用しているピーリング法になります。薬剤を使用するピーリング法とは異なり、肌に大きな負担を与えずに古い角質を取り除けるためお肌が弱い方でも安心して実践できます。古い角質が除去されれば肌のコンディションが整い、肌の生まれ変わりが促されて健康的なお肌を目指せます。ダイヤモンドピーリングを実施するとニキビ肌の改善にも役立つと期待できます。ニキビができる原因として考えられるのが肌の生まれ変わり、つまりターンオーバーの乱れです。

 
 

クリアタッチはニキビに良いの?

皮膚科や美容外科にニキビ治療の相談をすると、クリアタッチと呼ばれる治療法を推奨される場合があります。様々な治療法がある中でもクリアタッチは2種類の光を発する特殊な専用マシンを使用します。特殊な波長がある青色と赤色の2つの光を照射するとニキビを引き起こす原因になるアクネ菌を除去したり、余分な皮脂を分泌させないように皮脂腺を破壊する効果を発揮します。光を照射する時には痛みを感じずに、ほんの少し温かく感じる程度で治療に際して全く苦痛を感じません。火傷をするほどの温かさではなく、じんわりとした熱の伝わり方をするため皮膚に大きなダメージを与えません。熱の作用でニキビの原因菌が除去できるだけでなく、毛穴の詰まりを速やかに溶解する働きも期待できます。

 
 

クリスタルピーリングはニキビに効果的?

美容外科や皮膚科のクリニックには、クリスタルピーリングの施術を実施している場合があります。クリスタルピーリングとは、とても細かい粒子のアルミニウムをお肌に吹き付けて古い角質を除去する方法です。一般的に採用されている薬品を使用するケミカルピーリングよりも肌に負担をかけずに処理できる特徴があります。ケミカルピーリングでは肌への刺激が強すぎるため使用できなかった方も、クリスタルピーリングなら実施できる場合が多いです。クリスタルピーリングのメリットは、肌の状態に合わせてピーリングの強さを調整しながら実施できる点です。薬剤を使用するピーリングの場合は肌一面に同じ薬剤を使用しなければいけないため、特に皮膚が薄い目の周りはダメージを受けやすいデメリットがありました。しかし、クリスタルピーリングなら顔の部位に合わせて調整できるため、適切な場所に適切な強さで施術できます。

 
 

Vスターレーザーのニキビの効果は?

皮膚科や美容外科で行うニキビ治療にはレーザー治療があります。クリニックによって使用するマシンが異なっておりそれぞれ特徴がありますが、中でもVスターレーザーはニキビによって生じた肌の赤みを改善するために活躍するレーザー治療器です。Vスターレーザーは元々赤アザ治療を目的として開発された経緯があります。肌の赤みを改善する仕組みは、血液に含まれているヘモグロビンに吸収される特殊な波長を持つレーザー光に秘密があります。正常な皮膚にはダメージを与えずに、ヘモグロビンが大量に存在している赤みがある部分にだけ反応する仕組みになっています。また、Vスターレーザーはダウンタイムが少ないのも特徴的です。元々赤アザ治療に開発されたダイレーザーのダウンタイムを少なくするために開発されたのがVスターレーザーです。

 
 

ケミカルピーリングはニキビに効果的?

ニキビ肌は一時的な肌トラブルで年齢を重ねていくうちにだんだん皮脂腺からの皮脂の分泌が収まって改善されていくというのが一般的です。しかし今ニキビ肌の真っ最中という人にとっては本当にストレスで表に出るのも嫌になってしまう方もいることでしょう。特に赤ニキビが顎や頬、喉にかけてできてしまっている方は顔を触るだけでも痛みを感じてしまったり、気になって触って潰してしまう方もいます。実はニキビにとって一番良くないのがこうして潰す行為なのです。ニキビを雑菌のついた指で潰すことによってバイキンが入りますます赤く化膿してしまったり、潰れた跡が残って色素沈着してしまったり、デコボコのクレーター肌になってしまうことがあるのです。

 
 

オイルクレンジングはニキビに効果的?

この、オイルクレンジングというのは、オイル性のクレンジング剤のことをいいます。メイクの落ちがよくて使い心地がいいので、非常に評判がいいのです。だから、今では多くの人が使うので、クレンジングの主流となりつつある商品となります。そして、その効力は非常に高くてメイクを落とすだけに止まらず、空気中の汚染物質・皮脂が酸化を起こして脂汚れとなったものまで、スッキリ落とすことの出来る力強いクレンジング剤なのです。特に、顔でも皮脂が沢山出てしまいベトつき易くて、化粧崩れの目立ってしまうTゾーンなどだったり、ポイントメイクを落としたい場合には力を発揮します。特に黒ずみなど気になる方や脂性肌でニキビが出来やすい方は、顔をさっぱりさせたいというのが強いこともあるため、使用されている人も多いでしょう。今ではリキッドタイプやミルク、ウォーターなど色々種類がありますが、オイルクレンジングはその中でも主流派となっています。オイルクレンジングが油脂汚れへ力強い効力を出すのは、界面活性剤が配合されてるからです。オイルクレンジングは刺激が強いという面がありますが、界面活性剤の量が多いとそれだけ油汚れなどを浮かせてしまう力が強いので、本来肌の保湿に必要な保湿成分として機能している皮脂を取りすぎてしまうことも多いのです。そのため肌が乾燥してしまうのでしょう。

 

記事一覧おすすめページ

投稿記事の一覧


大人ニキビ化粧水ランキング@乾燥肌でも出来やすい吹き出物に良いコスメは?

大人ニキビ化粧水ランキング@乾燥肌でも出来やすい吹き出物に良いコスメは?

大人ニキビ化粧水ランキングのサイトですが、大人になってから出来る大人ニキビは脂性肌など毛穴が詰まりやすい肌質の方以外の方に多くできやすい傾向のあるのが大人ニキビの特徴です。主に吹き出物とも呼ばれていますが、吹き出物は、繰り返し出来やすいのが特徴で乾燥した肌など乾燥肌でも出来やすいのが大人ニキビではあります。吹き出物など洗顔など毛穴の皮脂汚れなどを綺麗に取ることが大事なのは変わりがありませんが、乾燥した肌でも出来やすいのでその後の化粧水など保湿が大切になってきます。吹き出物など化粧水を使用する場合には、刺激が強い成分などが豊富だと敏感肌でも大人ニキビは出来やすいので、より吹き出物の状況が悪化してしまう場合もあるかもしれません。ですので、化粧水など保湿に関するスキンケアを行う際は、吹き出物を刺激しない保湿を心がけるのが良いですし、低刺激のコスメを選んでいくのが大人ニキビがある時は大切になってきます。乾燥肌の場合には肌の代謝が悪いという面があるので、ピーリングなどを行いながらスキンケアすると大人ニキビや吹き出物など悪化しないでスキンケアも普段行う事が出来るかもしれません。ちょうどスキンケアしにくかったり、痛みが出やすいような口の周りや顎に大人ニキビは出来やすい傾向にあるので、洗いにくいですしスキンケアしにくい場所なので、出来るだけ負担の少ない化粧水を選ぶのが吹き出物が出来ている時には大切です。







大人ニキビ化粧水ランキング リンク集

1 | 2 |