サイトマップ

思春期の頃と大人になってから出来るニキビの違いは?

思春期

思春期の頃に出来るニキビは皮脂の分泌量が増えるので、毛穴の中に皮脂が詰まりやすくなります。

 

また肌全体が皮脂量が増えてきやすい傾向があります。大人ニキビの場合には、皮脂量が多くなり毛穴に詰まるといったケースよりも古い角質が毛穴の中に詰まってしまうという事の方が多いようです。

 

特に皮脂量が多くなりやすい思春期の頃と違い大人になってから出来やすいニキビは肌が乾燥してしまう事で新陳代謝が低下し、ターンオーバーが乱れてしまうことで古い角質が毛穴の中に詰まりやすくなります。

 

大人

頭皮だと古い角質が残って落ちない場合には、フケみたいに古い角質が落ちていきますが、顔の場合には古い角質が落ちなくてもフケの様に見えることはないので、意外に分かりづらいかもしれません。

 

また出来る場所も少し違いがあるようです。思春期ニキビは主に皮脂量も多くなりやすいTゾーンなど額の部分に出来やすいです。

 

大人ニキビは逆により乾燥しやすい場所でもある顎などフェイスラインに出来やすい傾向があるようです。

 

共通して出来やすい場所としては頬の部分です。頬の部分には跡に残りやすいので注意が必要ではないでしょうか。

 

乾燥肌の状態だと大人になってからニキビは出来やすいのですが、思春期の頃にも脂性肌でニキビが出来やすい傾向がありますが、スキンケアなどを適切に行わないと肌自体が弱くなってしまうバリア機能が低下してしまう事に繋がるようです。

 

敏感肌の様な状態になってしまうとニキビなどの治りも遅くなってしまうし、抵抗力や免疫力などもなくなってくるとニキビの跡にもつながりやすいので、ニキビを刺激しないように低刺激なスキンケアを心がけていきたいですね。

大人ニキビ化粧水ランキング