サイトマップ

思春期の頃はニキビが出来やすい?

思春期

思春期の頃は男女関わらずニキビが出来やすいです。

 

ニキビが多くできる方でもニキビ跡になってしまう方も結構いるのではないでしょうか。

 

大人になってから出来るニキビもホルモンバランスが乱れると出来やすいのですが、思春期の頃も基本的に通常のホルモンバランスとは違うわけでニキビが出来やすかったりします。

 

思春期の頃は皮脂の量も非常に多くなりがちで、思春期ニキビのケア方法として洗顔が大切といわれているのも皮脂量が関係しているようです。

 

ホルモンの量が増加する事で皮脂量が増えてしまうというのが関係していますが、皮脂量が多くなったからといって直接ニキビに繋がるわけではありません。

 

ニキビ

毛穴の中に皮脂が詰まると空気などが入りにくくなり嫌気細菌が皮脂を食べることで糞をしますからそれらが毛穴の炎症になってしまいます。

 

皮脂の他にも毛穴が詰まるものがニキビの原因になやすいので、古い角質なども毛穴の中に詰まりやすいです。

 

皮脂や古い角質が詰まってすぐに毛穴に炎症が起こるわけではありません。

 

皮脂などが酸化する事で黒くなっていき赤みが出たりしていきます。皮脂が詰まると固形化してくるので、白っぽく見えたりすることもあります。

 

思春期の頃に出来るニキビではやはり跡に残りやすいという面を考えて赤ニキビや黄色ニキビなどになると適切なケアが必要になってきます。

 

ニキビの跡が残る理由も炎症が起こり膿が溜まることで毛穴を複数つなげてしまい毛穴を破壊してしまうためです。

 

そうなると治療を行ってもニキビの跡を良くするのが難しいので、ニキビの跡が残らないようにしましょう。

大人ニキビ化粧水ランキング